2017年8月24日木曜日

里山の心字池

 里山の庭の心字池に睡蓮が咲いています。 2013年4月に埋め込んでから4年経過し、周りの植物も茂りすっかり池の様子も変わりました。ピンクの睡蓮は、少し甘い香りもあります。水の流れがないたまり水なので、トンボがよく産卵に訪れます。

2017年8月16日水曜日

アブチロン

 里山のテラスで、アオイ科の花「アブチロン」が鉢植えで開花しています。2013年の外出イベント「富士花鳥園」で居住者様と一緒に購入した株で、それから毎年開花しています。昔ながらの馴染みの植物ではありませんが、ハイビスカスを小型にしたような丸い花弁が可愛らしく、地植えにも挑戦してみたい花木です。

2017年8月15日火曜日

ミソハギとサルスベリ

 ミソハギ科の仲間、ミソハギとサルスベリです。草花と樹木の違いはありますが、花の感じは似ています。ともに真夏に長く開花してくれる植物です。ミソハギは里山の庭の流れ沿いで、種を落としながら、何代も株が更新されて自生の雰囲気を演出してくれます。サルスベリは、コンフォートガーデンの外周で8月~9月にピンクの花をいっぱいに咲かせてくれます。玄関フロント前庭には、3本の屋久島サルスベリがあり、こちらは白い花を咲かせます。葉っぱも大きく野性味溢れる樹形です。

2017年8月11日金曜日

リコリス・インカルナータ

 リコリス類の開花が続いています。リコリス・インカルナータは、淡桃色の花弁1枚1枚に紫紅の筋が入るのが特徴の花です。リコリス類は次々に花が咲いてくるので、毎日の庭園散策に変化がもたらされ、庭園に出るきっかけにもなっています。

2017年8月10日木曜日

キツネノカミソリ

  まだまだ、暑い日が続いています。スプレンスゲリーに続き、里山の庭の池周りにキツネノカミソリが咲いてきました。この濃いオレンジ色が印象的な花で、居住者様も「昔住んでいた田舎の小さな神社の土手に咲いてたわ。」と思い出されていました。ちょうど立秋を過ぎた頃に咲くこの花を見ると、秋が近づいてきたなぁ。と感じます。

2017年8月8日火曜日

リコリス・スプレンゲリー

 8月になり、彼岸花の仲間リコリス類の開花が始まりました。例年はナツズイセン(リコリス・スクアミゲラ)が一番初めに咲いてくるはずですが、今年は先月の涼しさもあってか、リコリス・スプレンゲリーが一番に開花しています。「花の爪先が青みがかってとても素敵ですね~」と、居住者様からも好評です。

2017年8月5日土曜日

ヤマアジサイの地植え

 ヤマアジサイの挿し木で増やしたものや、苗で入手したものなど鉢植えで3年ほど育てて、開花期はフロント前やダイニング前廊下などで展示して楽しんでいます。開花し終わった今頃から成木になった株は、庭園に地植えにしています。地植えする場所の土は、ごっそり掘り上げ、園芸クラブなどで皆様が楽しんだ後の寄せ植え残土とたい肥に入れ替えて植え込みます。肥料残りが効くのか、すくすく育っていきます。新しい培養土を使わずに土の再利用をしています。