2017年6月25日日曜日

ハンゲショウ

  6月中旬から、里山の庭の流れ沿いのハンゲショウが咲いています。今年は梅雨入り後も晴れの天候が多く、白にくっきりと際立つ色変わりが楽しめました。小川の水辺とハンゲショウの緑と白がよく似合っています。カメラ撮影がご趣味の居住者様も、夕方の西日や逆光を生かして撮ってみたり、いろいろ工夫されていました。

2017年6月24日土曜日

二重咲きホタルブクロ

 庭園の二箇所に二重咲きのホタルブクロが咲く場所があります。白の一重咲きが多く咲いている中で、目立った存在です。馴染みの植物の一つで「昔はこれに、蛍を入れて遊んだのよ。」と居住者様に教えていただきました。

2017年6月23日金曜日

初夏のフラワーアレンジメント

  庭園の八重咲きシャボン草、ハルシャギクが満開を迎え、6月3週目の園芸クラブでは、西洋アジサイやアナベルなどとともにフラワーアレンジメントを楽しみました。一年で最も庭の切り花が充実するこの時期のフラワーアレンジは、居住者様が一番喜ばれる行事の一つです。

2017年6月21日水曜日

アカンサス・モリス

 いとしの庭に個性的な花が咲いています。アカンサス・モリス(ハアザミ)です。「復活の生命力の象徴」とも例えられる大型の宿根草で、花姿も独特の雰囲気があります。とにかく丈夫で、間引きのため整理したところのわずかに残った根茎から、いつの間にかまた芽吹き、元の草姿になっているくらいです。まさに復活の象徴であることを実感しています。ちょうど、居住棟廊下から見えるところに植栽されています。皆様、眺めて力強さを感じ取ってもらえているでしょうか?

2017年6月20日火曜日

壷型のクレマチス

 里山の庭のピロティにあるクレマチスのいくつかに、壺型のクレマチスがあります。居住者様から毎年「この花は何ですか?」とご質問をいただきます。クレマチスの品種とお伝えすると「え~、これテッセン?」と驚かれます。花期も長く、5月中旬から6月まで咲き続けています。花の特徴を「真ん丸いスズランみたい。」「赤いのはタコウインナーみたいね。」とそれぞれ印象は様々です。

2017年6月19日月曜日

八重咲きのドクダミ

 庭園の一箇所に、八重咲きのドクダミが咲いています。2つ目までの画像のように一重咲きが定番花で、地下茎がどんどん広がっていくドクダミですが、八重咲きは珍しく、居住者様からも「かわいいお花ね。」と喜ばれます。この庭園では、雑草のような扱いではなく手入れをしながら育てています。

2017年6月15日木曜日

ハイドランジア

 西洋アジサイも満開を迎えました。テマリ咲きや、八重のガク咲きなど、毎年新品種が増え、花色・花の大きさ・ともに豪華です。